本文へスキップ

中高年からの縮毛矯正

【美容室くわはら】
ご予約・お問い合わせは
TEL.06-6417-6603メール

〒163-0000 兵庫県尼崎市七松町2-4-21

40代からの髪には縮毛矯正がオススメの理由

縮毛矯正で髪質を改善する

縮毛矯正

ある年代になってから「クセ毛」で悩むようになった。

そういうお声をよく耳にします。

「昔はそんなことなかったのに・・・」

これは加齢によるもので仕方のない面もあります。


たとえば女性ホルモンの変化。

髪といえば女性ホルモンですが、年齢によって分泌量が減ってくると髪に元気がなくなってきます。

髪がまっすぐに立てなくなることによってうねりが生じてくることがあるんです。

ある程度、髪の量も減少してきます。

その影響で髪がまっすぐに伸びずにクセがでてくることがあります。


また、加齢による頭皮の状態の変化もあります。

加齢によって頭皮にたるみが生じてくると毛穴の形が変わってしまいます。

頭皮の状態が変わることによって真ん丸だった毛穴が楕円形になると、髪の毛もそれにあわせてうねりを生じるようになってくるのです。


「年齢によるものだから仕方がない」

そうはいっても、髪のセットは毎朝のもの。

うねった髪をまとめるために四苦八苦。

40代はまだまだ外出の機会も多いですよね。

仕事や友達とのランチ。40代や50代でおしゃれを諦める年齢ではありません。

そんな人にこそ、縮毛矯正が必要とされている・・・・わけなのですが。


縮毛矯正で失敗しない10の法則とは?
縮毛矯正


40代以上の方には縮毛矯正はNG?

「ある年齢層に達すると、縮毛矯正はあまりオススメではありません」

という話しを聞いたことはありませんか?

それはなぜでしょう?

白髪対策などでカラーをすることが増える

カラーと縮毛矯正とのダブルで髪をさらに傷めてしまうから。


髪のボリュームが減少している

縮毛矯正によってさらにボリュームが少なく見えて老け顔になるから。


今は若い年代層からカラーは当たり前になってきています

中高年の層といえど、オシャレのためにカラーをしている方も多いはず。
また、ぼちぼち見え隠れするあの白髪。白髪染めを美容室やご自分でされているケースもありますよね。

オシャレのためであろうと白髪染め目的であろうと、カラーそのものの影響で髪の毛はダメージを受けています。その上に、縮毛矯正を行うと薬剤と高熱でさらにダメージを与えることに。

もうひとつ言うと、縮毛矯正で与えたダメージの上にのちほどカラーをするとなると髪に与える影響はかなりのものになると予想されます。


縮毛矯正はその原理からいうと、うねっているクセ毛を薬剤と高熱でまっすぐに圧していくこと

結果としてうねりはなくなるけれども、ぺったんこに見える髪型に成りがちです。

もし、髪のボリュームがやや少なめだと、うねりが消えてまっすぐになったぶんだけさらにボリュームが少なく見える可能性がでてきますよね。

ボリュームがなくなることによってうねりが出てきた。
このうねりをどうにかしたくて縮毛矯正をかけると、髪はまっすぐにはなったけれど、ボリュームがさらになくなってしまった!!という事態も起こりえます。

そうすると、縮毛矯正をかける前よりも老け顔に見られてしまう、なんていう事態もないわけではありません。


上記にあげたふたつの壁が立ちはだかること。
美容師がその現実を理解しているので、むやみに縮毛矯正をすすめないこと。

これによって40代以上の方の縮毛矯正は、現実にはあまり行われていなかったりします。



低料金で縮毛矯正をサービスするところでは「数を稼ぐ」ことが必要になってきますので、「うねりで困ってます。縮毛矯正をお願いします」とリクエストすればやってもらえる可能性もありますが

【なぜ、やってもらえるのか】

を見極めたほうが無難です。

縮毛矯正の効果は長く続きます。そして縮毛矯正の髪へのダメージは決して少ないものではありません。

もし、やってもらえたはいいけど失敗された、なんていうことになるとすぐに修復できるようなものではないので慎重になったほうがいいでしょう。

40代以上の縮毛矯正はここをチェック!

では、40代以上であれば諦めるしかないのか、というとそうではありません。

まず、「髪へのダメージを少しでも減らせるような」コンセプトを持っている美容室を探してください。

縮毛矯正にかぎらず、サロンとして髪への健康を第一に考えている美容室を見つけること。

これが最重要になります。

もう少し具体的に書いていきましょう。

1.お客様の年齢層をチェック

縮毛矯正にかぎらず美容室のHPでは若い女性の写真が多いと思います。

今、ご覧になっているHPやブログでは40代以上の人は来られていそうですか?

40代以上は髪が細くなる・乾燥している・ダメージがキツイなどわかったうえで積極的に取り組んでいる美容室であれば「だから、こうする」という方向性がしっかりしていると思います。

40代以上の方の髪がどういう傾向にあるのか、そのダメージにあわせた手段を考え抜いてきたからこそお客様に支持されてやってきているはず。そういう美容室を見つけましょう。


2.カラーのページをチェック

どんなカラーを提供しているでしょうか。
どんなこだわりを持っているでしょうか。
使っているモノへのこだわりはどうでしょう。

「縮毛矯正を探してるんだけど?」

と思われました?

実は、カラーもかなり髪にダメージを与えるものなんです。
そのカラーに対して、美容室としてどれだけダメージを抑える工夫をしているか。

カラーへの取り組みからサロンとしてのこだわり、コンセプトが見えてきます。
ダメージがあると知りつつ、そこには目をつぶってカラーを行うのか。
可能な限り、髪の健康を考えてカラーを行うのか。

まずそこをチェックしてください。

このページをご覧の方であれば、縮毛矯正をしてそのあとカラーもできたらいいなあ、白髪も目立たなくしたいなあとお考えではありませんか?縮毛矯正のあとのカラーも信頼できるところにお任せできたらいちばん良いですよね。

こだわりに、納得できましたでしょうか?
できたところで、縮毛矯正のページをご覧ください。

3.縮毛矯正はブローかどうかをチェック

ある程度の年齢層の方が受ける縮毛矯正であれば熱処理はアイロンではなくブローを行っている美容室がいいでしょう。

アイロンによる縮毛矯正ではどうしても髪がぺったんこになりがち。
ボリュームを気にするのであればアイロンによる縮毛矯正では「髪はまっすぐになったがボリュームが少なくみえて後悔」するということが起こりえます。

ブローによる縮毛矯正はアイロンのように高熱でピシーッとまっすぐにできないために、主流とは言えません。

ですが、ドライヤーによる処理であるために、ふんわりとした髪型にすることができるのでボリュームを気にする場合はうってつけでしょう。その際は「ボリュームを気にしている」ということも事前に伝えるようにしてください。

縮毛矯正を受けるポイントの整理

年代ごとにある髪の問題にくわしい美容室を探す

自分の年齢と同じ人達が通ってそうなサロンを見つけましょう。
40代以上だから、髪にダメージがあるのは当たり前。
髪も細くなるし水分も減ってくるしキューティクルだって。
どの縮毛矯正サロンを選ぶか、と言う前に40代以上にしっかり応えてくれるサロンを選びましょう。

美容室の意識はカラーにでる

カラーと髪の健康にこだわりのある美容室を見つけましょう。
そもそも、40代以上で縮毛矯正が避けられる理由のひとつが、ダメージヘア。

カラーもダメージを与えるのはご存知だと思います。
そのカラーでダメージを与えないような努力を惜しまずに営業しているサロンこそ、縮毛矯正をお願いするにあたって信用できるサロンである可能性が高いと思われます。

縮毛矯正はブローがお薦め

ボリュームを考えるとアイロンよりもブローが良いと言えるでしょう。
縮毛矯正というと、通常はアイロンによる熱処理が一般的です。なかには、ブローで縮毛矯正を行うサロンも存在します。

メリットデメリットはそれぞれにありますが、40代以上と限定して評価するのであればブローをおすすめします。40代以上でボリュームダウンしてきた方にこそふさわしい方法だからです。

まとめ

40代以上からのうねり、クセ毛。
これが解決されたら朝のイライラもなくなり、お出かけも楽しくなりますよね。

40代以上の方が縮毛矯正によってマイナス5歳、マイナス10歳に見られた!という話しもあちこちにあります。

たしかに、カラーも縮毛矯正もダメージのあるものです。
だからって諦めないでください。

そういうときは、「40代以上」をわかっている美容室に相談すればいいのです。
探せばきっとあるはずです。

美容師さんだっていつかは40代以上になりますし、自分の髪にダメージを与えたいとは思っていません。

自分の髪を大事にするように、お客様の髪のことを大事に思って提案してくれる美容室は案外、多いものですよ。

ぜひ、このチェック項目を利用してご自身にあった「髪を大事にしてくれる」美容室を見つけてくださいね!


本格的な縮毛矯正を受けるならココ


尼崎の縮毛矯正専門サロン【美容室くわはら】
美容室くわはら



縮毛矯正で失敗しない10の法則とは?
縮毛矯正


スタッフ写真

shop info.店舗情報

【美容室くわはら】

兵庫県尼崎市七松町2-4-21
TEL.06-6417-6603
→アクセス